[めなりサプリ/老眼]眼病予防効果を成分別に解説!

[めなりサプリ/老眼]40代からの老眼予防効果

めなりサプリで老眼を克服しようとしてる少女

めなりサプリが老眼に効果的な理由

40代から多くの人が発症する老眼は、誰もが避けては通れない道です。

しかし、老眼はサプリメントなどで進行を遅らせることは可能です。

めなりサプリには、抗酸化成分が豊富に含まれており、老眼予防が期待できますよ。

めなりサプリ愛用者の悩みである老眼とは?

老眼とは、加齢によって目のピント調節能力が衰え、ピントが合わなくなる生理現象です。

老眼は40代から発症する人が多く80代にはほとんどの人が発症します。

☑老眼になると目がかすむ

老眼の症状には、かすみ目や目の疲れが挙げられます。

理由は、加齢により目のピント調節機能が衰えるからです。

新聞や辞書を見る際にも、ピントを合わせるのに時間がかかってしまいます。

最初は見たいものがぼんやりとしか見えませんが、同じところをずっと見続けると次第にはっきり見えるようになります。

☑老眼の進行が悪化すると眼精疲労や眼病に繋がる

老眼になると、目のピントがうまく合わなくなるので、目に負担がかかり眼精疲労になりやすくなります。

また、老眼になると眼球の抗酸化力が衰えるので、白内障や緑内障、飛蚊症、加齢黄斑変性症などの眼病に繋がる可能性もあります。

少しても目に違和感を感じたら、眼科へ診察を受けることをおすすめします。

☑老眼一度進行したら元に戻らない

一度進行した老眼は、元に戻ることはできません。

老眼は、歳を重ねると誰でも発症する生理的変化です。

人間が若返ることができないのと同じように、老眼も若返らせることはできないのです。

しかし、老眼は進行予防することは可能です。

老眼の悪化を防ぐことで、人生の中でクリアないられる期間が長くなりますよ。

めなりサプリ愛用者が悩む老眼の原因

老眼の原因を紹介します。

老眼の原因を把握して、最適な予防法を選ぶと良いでしょう。

☑老眼の原因は加齢によるピント調節機能の低下

老眼の原因は、加齢によるピント調節機能の低下にあります。

ピント調節機能が低下すると、見たいものと焦点が合わなくなり、目が疲れやすくなります。

では、なぜ老眼になるとピント調節が衰えるのか?

これを説明するには、水晶体と毛様体筋のピント調節のメカニズムを知る必要があります。

☑水晶体と毛様体筋のピント調節のメカニズム

人間は、目で物を見るときに、レンズである水晶体を厚くしたり薄くしたりしてピント調節しています。

この水晶体のピント調節をしているのが毛様体筋です。

毛様体筋を伸縮させて、水晶体のピント調節をすることで、光の屈折を変えて焦点を合わせているのです。

しかし、加齢によって老眼が進行すると、水晶体に弾力性が失われて硬くなるだけでなく、毛様体筋の働きも衰えます。

これによって、見たいものに焦点が合わせることが難しくなり、かすみ目や目の疲れを引き起こしてしまうのです。

ピント調節のメカニズム
参天製薬より引用

めなりサプリの老眼予防効果を成分別に解説!

老眼は加齢による生理現象なので残念ながら自力で治すことは不可能です。

しかし、サプリメントなどの栄養補給で進行を遅らせることは可能です。

めなりサプリに含まれる成分はどれも老眼の進行防止効果が期待できるのでおすすめです。

☑老眼予防成分1:アントシアニン

めなりサプリに含まれるアントシアニンは、老眼への予防効果が期待できます。

アントシアニンの抗酸化作用は、老眼の原因である活性酸素の発生を抑制する効果があります。

また、アントシアニンには目の周りにある毛細血管を強化・保護してくれるので血流促進にも役立ちます。

血流が促進されると、血流悪化による眼精疲労を解消することにも繋がります。

そして、アントシアニンには光の伝達機能であるロドプシンの再合成を促進してくれる効果もあり、これも眼精疲労解消に役立ちます。

このように目に負担がかかる眼精疲労は、老眼の症状を悪化させるのでアントシアニンは老眼に効果的な成分であると言えます。

☑老眼予防成分2:ルテイン

めなりサプリに配合されるカロテノイドの一種「ルテイン」は老眼の進行を抑制するのに必要な成分です。

元々、ルテインには目の網膜や黄斑部に多く存在しており、抗酸化作用があります。

このルテインの抗酸化作用によって、紫外線やブルーライトなどの有害な光によって発生する活性酸素を除去してくれるのです。

しかし、このルテインは加齢によって徐々に失われていきます。

目に存在するルテインの量が少なくなると、抗酸化力も低下するので、有害な光による活性酸素を除去できず老眼を進行させてしまいます。

また、ルテインは体内から生成することができないので、食べ物から摂取しないと減少し続けます。

ルテインが多く含まれる食品には、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜が挙げられます。

しかし、毎日食べ続けるのは難しいでしょうから、やはりルテインを多く含むサプリメントから摂取した方が効率的ですね。

☑老眼予防成分3:アスタキサンチン

めなりサプリに含まれるアスタキサンチンには、ビタミンEの1000倍もの強力な抗酸化作用があります。

アスタキサンチンによる強力な抗酸化作用は活性酸素を抑制するだけでなく、血流改善にも繋がるので眼精疲労解消にも効果的です。

アスタキサンチンが眼精疲労にも効果がある理由は、目の血管にまで到達できるからです。

通常、目の血管へ到達するには、脳の血管の入り口である脳血液関門を通過しなければなりません。

脳血液関門を通過できる成分は限られているのですが、アスタキサンチンはこの脳血液関門を通過できる成分なのです。

眼精疲労は目に負担がかかり老眼を悪化させてしまうので、眼精疲労解消効果のあるアスタキサンチンは老眼予防に効果的な成分であると言えますね。

☑老眼予防成分4:クロセチン

めなりサプリに配合されているクロセチンには、老眼予防への効果を期待できます。

まずクロセチンには、目の血流改善効果があるので眼精疲労回復に役立ちます。

また、クロセチンとルテインを同時併用することで相乗効果による抗酸化力UPが期待できます。

強力な抗酸化力は、目の酸化の原因である活性酸素を除去してくれます。

このようにめなりサプリに含まれるクロセチンは老眼予防成分として不可欠なのです。

☑老眼予防成分5:カシス

めなりサプリに含まれるカシスにも老眼予防に効果があります。

実際に研究では、カシスに含まれるカシスアントシアニンが眼精疲労の解消へ役立ったことが示唆されています。

実験では、カシスアントシアニンを摂取したグループとそうでないグループでパソコン作業を2時間行い、自覚疲労をチェックしました。

その結果、カシスアントシアニンを摂取したグループとそうでないグループとの間に自覚疲労の有意差が見られました。

この理由として、カシスアントシアニンには抹消血管の血流促進により、目の周りの筋肉の緊張が緩和して眼精疲労軽減に繋がったと考えられています。

眼精疲労による目へのストレスは老眼による目のかすみを悪化させてしまいます。

ですので、カシスが配合されてるめなりサプリを摂取することで、老眼予防効果を期待できます。

☑老眼予防成分6:βカロテン

めなりサプリには、βカロテンが栄養機能食品の基準を満たす範囲で配合されています。

βカロテンはビタミンAの供給源としての役割があります。

なぜなら、βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAへ変換されるからです。

ビタミンAには、目の粘膜を正常にし、潤いを与えるのでドライアイ解消効果があります。

ドライアイを放置すると眼精疲労を引き起こし、眼精疲労は老眼の進行を早めてしまいます。

ですので、ドライアイ改善効果のあるビタミンAは直接的ではないですが、老眼の進行予防にも効果が期待できるのです。

つまり、ビタミンAの供給源であるβカロテンも老眼予防をサポートしてくれる重要な成分なのです。

☑老眼予防成分7:ビタミンB群

めなりサプリに含まれるビタミンB群には老眼予防効果があります。

ビタミンB群には、代謝促進効果があり目の周りの筋肉である毛様体筋を和らげてくれます。

また、視神経を活発にする効果もビタミンB群にはあるので、疲れ目の解消にも役立ちます。

疲れ目を放置していると、目に負担がかかってしまうので老眼の進行へと繋がってしまいます。

疲れ目解消効果があるビタミンB群はめなりサプリに豊富に配合されていますよ。

☑老眼予防成分8:ビタミンC

めなりサプリに配合される抗酸化ビタミン「ビタミンC」は老眼予防としての役割もあります。

ビタミンCは目に多く含まれており、紫外線やブルーライトなどで発生した活性酸素を除去してくれます。

また、ビタミンEとビタミンCを同時に摂取することで相乗効果が生まれ、老眼予防により効果的となっております。

そして、ビタミンCには、皮膚や粘膜を正常に維持する効果もあるため、ドライアイ解消にも効果的です。

ドライアイによるストレスは眼精疲労となり、老眼を進行させてしまうので、ビタミンCは老眼予防に有効な成分と言えます。

☑老眼予防成分9:ビタミンE

めなりサプリに含まれるビタミンEには血行促進効果があります。

目の周りの血行が改善されると毛様体筋などの筋肉も弛緩されるので、眼精疲労解消にも役に立ちます。

眼精疲労は老眼進行へ繋がるので、眼精疲労解消効果のあるビタミンEは老眼予防に効果的な成分ですね。

また、ビタミンEには、抗酸化作用もあるので、目の酸化による活性酸素を除去してくれます。

そして、ビタミンEはビタミンCを一緒に摂取することで相乗効果を発揮します。

ビタミンCとビタミンEが両方配合されているサプリ「めなり」は老眼予防に効果的なのでおすすめです。

[めなりサプリ/老眼]白内障への効果

加齢白内障の割合画像

加齢白内障は、40歳代後半くらいから始まり、その程度は年々増悪していきます。特に70歳代では8割以上、80歳代では9割以上の罹患率です。


ときわ台村中眼科より引用

白内障になる多くの原因は加齢による水晶体の酸化にあります。

白髪と同じように誰にでも訪れるものなので、一度進行したら治すことはできません。

しかし、老眼の進行を遅らせることで、白内障を予防することは可能です。

めなりサプリには、目の酸化を遅らせる抗酸化成分を多く配合しているのでおすすめです。

めなりサプリ老眼による白内障の症状

白内障には「核白内障」と「皮質白内障」の大きく分けて2種類に分類することができます。

それぞれ同じ白内障なのですが、症状が少し異なります。

☑白内障の症状1:核白内障

めなりサプリ核白内障画像

ときわ台村中眼科より引用

水晶体の中央部分を「核」と呼ぶのですが、この核の部分が濁る白内障が核白内障です。

核白内障の場合は、進行が緩やかで数十年単位かけて徐々に進行します。

ですので、患者も視力低下による不自由を感じないことが多いです。

ただし、黄ばんだ水晶体ごしに物を見ることになるので、暗いところでの物が見にくくなったり、青いものが見にくくなったりします。

☑白内障の症状2:皮質白内障

めなりサプリ皮質白内障画像

ときわ台村中眼科より引用

水晶体の周りの部分である皮質が白濁するのが皮質白内障です。

白濁した部分が車軸状に点在する形になります。

目から入る光を白濁した部分が障害となって乱反射を起こすので、明るいところで異常に眩しくなる光視症になる場合が多いです。

また、皮質白内障は核白内障よりもかすみ目がひどくなるので視力低下に繋がりやすいのが特徴です。

めなりサプリ老眼による白内障の原因

白内障の主な原因は加齢による水晶体の白濁です。

水晶体は主にタンパク質と水で構成されています。

タンパク質は加齢や紫外線などのダメージが蓄積すると白濁するのです。

水晶体が白濁すると、目に入る光が制限されるので視力も低下してしまいます。

加齢性白内障は40代から発症する人が現れ、80代になるとほとんどの人が白内障になります。

めなりサプリ老眼による白内障の予防法

加齢による白内障を予防するにはいくつか方法があります。

めなりサプリには、目の老化を防ぐ成分が豊富に配合されているので白内障予防への効果が期待できますよ。

☑白内障の予防法1:禁煙

タバコの喫煙は白内障の進行を早める原因の一つです。

タバコを吸うことで眼球内にあるビタミンCが大量に消費されてしまいます。

抗酸化ビタミンであるビタミンCが減少すると、紫外線などで発生する活性酸素を除去できなくなるので目の酸化が進行してしまいます。

このように、白内障予防をする上で禁煙は必須なのです。

タバコを吸うとビタミンCが大量に消費されてしまうので、白内障予防の観点からすると、禁煙したほうが良いでしょう。


ときわ台村中眼科より引用

☑白内障の予防法2:紫外線カット

太陽光による紫外線は白内障を進行させてしまいます。

紫外線から発されるA波とB波の中でも、特にB波は水晶体のタンパク質に酸化ストレスを与えてしまいます。

紫外線の強い地域に住んでる人や外で活動するスポーツ選手は白内障になりやすいので注意が必要です。

日差しが強い日に外出する際には、帽子やUVカットのサングラスなどの紫外線対策をおすすめします。

☑白内障の予防法3:サプリメントで栄養を補う

白内障の原因は目の老化です。

歳を重ねるにつれて、眼球内のルテインやビタミンCの量が減少するので、白内障になりやすくなります。

特にルテインは体内で生成することができないので、食品から摂取しないと減少する一方です。

めなりサプリにはルテインやビタミンCといった抗酸化成分が豊富に配合されていますのでおすすめです。

めなりサプリの老眼による白内障予防成分を解説!

☑白内障予防成分1:アントシアニン

めなりサプリに含まれるアントシアニンには抗酸化作用があるので白内障予防効果があります。

アントシアニンは主に、ビルベリーやブルーベリーに含まれる紫色の色素です。

目の中にも抗酸化物質は存在しており、太陽光による紫外線やPCから発せられるブルーライトなどの有害な光から目を守ってくれます。

しかし、歳をとるにつれて、目の中にある抗酸化成分は少なくなり、有害な光を受けたとしても水晶体に発生した活性酸素を除去できず、目の酸化を進行させてしまうのです。

アントシアニンの抗酸化作用は、紫外線やブルーライトによって発生する活性酸素を除去し、酸化防止効果があるので白内障予防に効果的な成分なのです。

めなりサプリは、アントシアニンを豊富に含んでいるので白内障予防を検討している人におすすめのサプリとなっております。

☑白内障予防成分2:ルテイン

めなりサプリに含まれるルテインはカロテノイドの一種であり白内障予防効果が期待できます。

もともと、ルテインは水晶体に含まれています。

ですので、若い時は多少の紫外線やブルーライトを受けて活性酸素が発生しても、ルテインの抗酸化作用で除去してくれていたのです。

しかし、ルテインは歳を重ねるにつれて減少していきます。

水晶体内のルテイン量が減少すると、紫外線やブルーライトによる活性酸素を除去できなくなり、白内障を進行させてしまいます。

また、ルテインは体内で生成できないので食事から摂取しなければ減少するばかりです。

サプリメント「めなり」にはルテインが豊富に配合されており、効率的に摂取できるのでおすすめですよ。

☑白内障予防成分3:アスタキサンチン

めなりサプリに含まれるアスタキサンチンは白内障予防にも効果的な成分となっております。

カニやエビ、イクラなどに含まれる赤い色素がアスタキサンチンです。

アスタキサンチンの特徴は強力な抗酸化作用が挙げられます。

その抗酸化作用は、なんとビタミンEの1000倍となっており、目の酸化予防に効果抜群なのです。

紫外線やブルーライトで発生した活性酸素もアスタキサンチンであれば容易に除去してくれます。

このようにアスタキサンチンは白内障の進行抑制に効果的な成分なのです。

めなりサプリにはアスタキサンチンが豊富に配合されているのでおすすめです。

☑白内障予防成分4:ビタミンC

めなりサプリに含まれるビタミンC(アスコルビン酸)は白内障予防効果があります。

実際に、ビタミンCの摂取量が多い人ほど、老人性白内障と診断される割合が低くなるという報告があります。

この実験は、ビタミンCの摂取量ごとに5グループに分けて、5年間の老人性白内障のなりやすさを調査したものとなります。

ビタミンCを摂取すると、目の組織内のビタミンC濃度が高くなり、加齢や紫外線による水晶体の酸化を防いでくれるからです。

もともと眼球内にもビタミンCは高濃度で存在しており、ビタミンCが不足すると酸化による水晶体白濁が怒りやすくなってしまいます。

このようにビタミンCには水晶体へのダメージ防止効果があり、白内障の進行を抑制してくれるのです。

ビタミンC摂取量と白内障発生率との関連
ビタミンCの摂取量が最も多いグループの発症リスクは、最も少ないグループに比べ、男性で0.65倍、女性で0.59倍、つまり、男性では35%、女性では41%低くなっていました。

国立研究開発法人 国立がん研究センターより引用

[めなりサプリ/老眼]緑内障への効果

失明の原因割合グラフ画像

緑内障による視覚障害は、全視覚障害の24.6%を占めており、視聴覚障害の原因の第一位となっています。


健康長寿ネットより引用

緑内障は、日本人の失明原因一位の病気となっております。

自覚症状がないまま進行して気付いた時には深刻な状態になっていた場合が多いです。

緑内障は一度進行したら、元の状態に治すことはできません。

なるべく早い段階での早期発見が重要となります。

めなりサプリ老眼による緑内障の症状

緑内障の症状としては、視神経の障害での求心狭窄(視野欠損のこと)や視力低下が挙げれらます。

主に40代以降の人が発症しますが、若い人でも発症する場合もあります。

緑内障には慢性緑内障と急性緑内障がありますが、慢性緑内障は進行速度が遅いため自覚症状が出るのが遅いです。

一方で急性緑内障は、急激に眼圧が上昇することによる視神経の異常が原因で、頭痛や眼痛、吐き気、目の充血などの症状が見られます。

めなりサプリ老眼による緑内障の原因

房水の循環

日本眼科学会より引用

緑内障の原因は、房水が排出されなくなることによる眼圧上昇となっております。

緑内障の原因を説明するには、まず房水と眼圧について説明する必要があります。

☑房水と眼圧の関係

房水とは、目の中を循環する液体のことで、血管の通ってない目の表面へ栄養を運ぶ役割があります。

この房水は、毛様体とい組織で生成され、一定の経路を循環した後に目の外の血管へと排出されていきます。

この房水の一定の循環によって圧力が安定し眼球の形が保たれています。

この眼球にかかる一定の圧力のことを眼圧と呼びます。

☑房水排出機能の障害による眼圧上昇

なんらかの原因でシュレム菅が詰まり、房水が排出されなくなると眼圧が上昇します。

眼圧の上昇はサッカーボールに例えるとわかりやすいです。

房水を排出機能に何らかの障害が起きると、サッカーボールのように空気に逃げ場がない状態になります。

そして房水が眼球内に蓄積されると眼圧上昇となり、サッカーボールの空気がパンパンになるのと同じように眼球が硬くなります。

☑眼圧上昇による視神経の圧迫

眼圧が急激に上昇して視神経に障害を与えてしまいます。

視神経に障害が加わると、視野が狭くなったり視力が低下します。

緑内障の症状が悪化すると視野がさらに狭くなり、最悪の場合失明に至ることもあります。

緑内障によって侵された視神経は、自力で元に戻すことはできません。

ただし、緑内障は予防することは可能です。

緑内障は高齢者に多い病気ですが、眼圧下降によって緑内障リスクが下がることも報告されています。

めなりサプリ老眼による緑内障予防成分を解説!

☑緑内障予防成分1:アントシアニン

めなりサプリの原材料となってる北欧産のビルベリーエキスは緑内障の予防を期待できます。

実際に、わかさ生活と東北大学の共同研究で、北欧産ビルベリーが緑内障予防に役立つ可能性が明らかになっております。

実験では、ビルベリーエキスを摂取させたマウスの視神経を圧迫させました。

その結果、ビルベリーエキスが分子シャペロンを制御することで、視神経細胞へのダメージを軽減して、網膜神経節細胞の保護に役立つことがわかりました。

実験で報告されたビルベリーは北欧産ビルベリーでしたが、めなりサプリの原材料も北欧産のビルベリーですので緑内障予防への効果が期待できますね。

☑緑内障予防成分2:クロセチン

めなりサプリに含まれるクロセチンには、緑内障リスクを低下させる可能性があります。

一般的な緑内障は、眼圧上昇による視神経の障害が主な原因です。

しかし、緑内障の原因には眼圧上昇以外にも、興奮性神経毒性物質による神経変性が指摘されています。

クロセチンには、神経保護作用があり、この神経変性を保護してくれる可能性があるのです。

神経変性が保護されることで視機能の低下抑制につながり、緑内障予防が期待できるのです。

このようにクロセチンには、緑内障の進行抑制効果の可能性があるのです。

他のルテインサプリにはクロセチンが入っていないことが多いのですが、めなりサプリにはしっかりと配合されているのでおすすめです。

☑緑内障予防成分3:カシス

めなりサプリにはカシスも配合されています。

日本カシス協会によるとカシスに含まれるカシスアントシアニンには、緑内障の進行抑制効果があるとされています。

実際の臨床実験では、緑内障患者をカシスアントシアニンの摂取させるグループとそうでないグループの2つに分けました。

その結果、カシスアントシアニンを摂取しているグループは、緑内障による視野低下が抑制されると同時に、目の血流改善が見られたのです。

また、別の実験では、カシスを摂取した緑内障患者は眼圧の上昇が抑制されたと報告され、カシスによる眼圧コントロール作用が見られました。

このようにカシスには緑内障の原因である眼圧の上昇をコントロールし、視野の低下を抑制する効果が報告されてるのです。

めなりサプリにもカシスは配合されているので、緑内障予防への効果が期待できますね。

カシスアントシアニンと緑内障との関係

日本カシス協会より引用

[めなりサプリ/老眼]飛蚊症への効果

めなりサプリの効果を実感してる少女

めなりサプリ老眼による飛蚊症の症状

飛蚊症とは、視界に黒い虫や糸くずのようなものが見える病気です。

視線を動かしても追いかけてくるのが特徴で、特に白い壁や青空を見上げるときにはっきり見えます。

飛蚊症は主に加齢による生理的変化によるものなので、心配することはありません。

しかし、飛蚊症は網膜剥離などの眼病の前兆としても現れるので、気になる人は眼科へ診察を受けることをおすすめします。

めなりサプリ老眼による飛蚊症の原因

後部硝子体剥離

日本眼科学会より引用

飛蚊症の主な原因は硝子体の変質にあります。

硝子体とは、目の形を形成するもので、99%の水分と1%の繊維で構成されています。

この硝子体は若い時は透明なのですが、加齢によって老眼化してくると濁り始め、繊維と水分が分離して空洞ができてしまいます。

飛蚊症がさらに進行して硝子体の空洞が大きくなると、眼球の内膜から硝子体が引き剥がされ、後部硝子体剥離と呼ばれる状態になります。

後部硝子体剥離になると、硝子体の繊維が眼球内に漂うことになり、これが飛蚊症の黒い虫や糸くずの招待となります。

後部硝子体剥離は病気ではありませんが、網膜裂孔や網膜剥離などの眼病を引き起こす可能性があるので中憂が必要です。

めなりサプリ老眼による飛蚊症予防成分を解説!

☑飛蚊症予防成分1:ルテイン

めなりサプリに含まれるルテインには、飛蚊症の原因である硝子体の酸化進行を抑制する効果があります。

もともと、眼球内には抗酸化成分であるルテインが存在しており、若い頃であれば紫外線やブルーライトを浴びたり喫煙しても、発生する活性酸素を除去でき他のです。

しかし、歳を重ねるごとに、眼球内のルテインが減少してしまい、目の酸化を進行させてしまうのです。

ルテインは体内で作れないので食事やサプリメントから摂取しないと現象する一方です。

めなりサプリであればルテインを効率よく摂取できるので、硝子体の酸化予防効果が期待でき、飛蚊症の進行抑制が可能なのです。

☑飛蚊症予防成分2:ゼアキサンチン

ゼアキサンチンとはルテインと同じカロテノイドの一種です。

ルテインと同様に目の黄斑部や水晶体に多く存在するのがゼアキサンチンとなります。

ゼアキサンチンにも抗酸化作用があります。

ゼアキサンチンであれば、喫煙や紫外線、ブルーライトなどで発生した活性酸素を除去し、硝子体の酸化を抑制してくれます。

このように硝子体の酸化を防止してくれるゼアキサンチンは、飛蚊症進行抑制に効果的な成分と言えるでしょう。

めなりサプリにはゼアキサンチンがルテインと黄金比率で配合されているので、他のサプリメントよりもさらなる効果が期待できます。

更新日:

Copyright© 【めなりサプリ口コミ】効果で選ぶルテインサプリメント , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.