[めなりサプリ/副作用]安全性の高いルテインサプリ

[めなりサプリ/副作用]安全性が高い3つの理由

めなりの副作用を解説する少女

めなりサプリは副作用リスクは少なくて安全性が高い理由

めなりサプリが安全性の高いルテインサプリである理由は、妊娠中や授乳中でも飲める商品だからです。

天然ルテインを100%使用してる上に、厳しい審査のあるGMP取得工場で高い品質で製造されてます。

副作用について不安に思ってる人でも、めなりサプリであれば安心して飲むことができますよ。

めなりサプリ安全な理由1:天然ルテインで副作用リスクが少ない

ルテインには「天然ルテイン」と「合成ルテイン」の2種類があります。

どちらも同じカロテノイドなので物質的に違いはありません。

ただし、過剰摂取した場合の副作用に違いがあります。

天然ルテインは、マリーゴールドから抽出されたもので、多少過剰摂取した場合の副作用の報告はありません。

一方で合成ルテインは、石油を科学合成して作られたものなので、添加物や残留物が体内に蓄積される可能性があります。

過剰摂取すると、目の痒みや腫れ、喘息などの副作用の発症リスクが高まるので注意しましょう。

特に喫煙者が合成ルテインを過剰摂取すると、発がん性物質の増加リスクが高まるので要注意です。

過剰摂取による副作用も報告されており、石油を原料とした合成ルテインは目の痒みや腫れ、咳、喘息などの症状が起こる危険性もありますので摂取量には注意しましょう。

池袋サンシャイン通り眼科診療所より引用

めなりサプリ安全な理由2:GMP取得工場で副作用リスク少ない

めなりサプリはGMP取得工場で製造されてるので安全性の高いサプリと言えます。

GMPとは、Good Manufacturing Practice(適正製造規範)の略で、製造したサプリが「安全」かつ「一定の品質」を保つための基準のことです。

製造された工場が汚染されてたり、サプリごとに成分量にばらつきがあったら嫌ですよね。

私たちの健康に関わることなので、上記のようなことがないように、健康食品にGMPが必要なのです。

実際に、GMPの基本要件は3点は「人為的な誤りの防止」「汚染および品質低下の防止」「品質を保証するシステムの設計」となっております。

GMPとして認められるには、厚生労働省の「GMPガイドライン」に基づいて「公益財団法人 日本健康・栄養食品協会」や「一般社団法人 日本健康食品規格協会(JIHFS)」などの第三者機関が健康食品製造会社を審査する必要があります。

このようにGMP取得工場で製造されるサプリメントは、品質と安全性が一定の基準を満たしているので安心して飲むことができますよ。

GMPの基本要件(満たすべき要件)

1.各製造工程における人為的な誤りの防止
混同、手違いの防止

2.人為的な誤り以外の要因による製品そのものの汚染及び品質低下の防止
立地条件として汚染された環境にないこと

3.全製造工程を通じた一定の品質の確保
高度な品質を保証するシステムの設計

厚生労働省より引用

めなりサプリ安全な理由3:妊婦や子供も飲めて副作用リスク少ない

「妊娠中や授乳中の女性でも飲める?」

「子供でも飲んで大丈夫?」

市販などで販売されてるルテインサプリ、ブルーベリーサプリだと「妊婦や子供の摂取は控えてください」と記載されてるものが多いですよね。

しかし、めなりサプリの場合であれば、安全性が高いので妊娠中や授乳中、子供でも飲むことができます。

妊娠中や授乳中の女性は、外出する頻度が少なくなるので室内で長時間生活しがちになります。

室内の狭い空間で長時間生活すると、近視になりがちになるので、めなりサプリはおすすめです。

また、スマホゲームや勉強、読書などで視力低下に悩んでいる子供にもおすすめです。

Q:妊婦や子供も飲んでもいいですか?

A:ぜひ、お子様からお年寄りまで年齢に関係なくお飲みいただきたい商品です。食品ですので、基本的に安心してお飲みいただけます。また、PC作業の多い方、TVやゲーム、スマホなどを良く利用される方は、しっかりと飲んでいただくことをオススメしております。

さくらの森公式より引用

[めなりサプリ/副作用]妊娠中・授乳中でも飲める3つの理由

めなりサプリが妊娠中や授乳中の女性でも飲める理由を解説する少女

めなりサプリが妊娠中や授乳中でも飲める理由は、ビタミンAの代わりにβカロテンが配合されてるからです。

妊婦がビタミンAを過剰摂取すると赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるのです。

また、妊娠中の女性が控えたいカフェインや水銀も含まれてないので安心して飲むことができますよ。

妊娠中でもめなりサプリが飲める理由1:副作用リスクのあるビタミンAが含まれてない

めなりサプリはビタミンAが配合されていないので安心です。

なぜなら、妊娠中の女性がビタミンAを過剰摂取してしまうと奇形リスクが高まるからです。

めなりサプリに含まれるβカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので、ビタミンAの過剰症の心配をする必要がありません。

めなりサプリには、ビタミンAの代わりに、βカロテンが栄養機能食品の基準内で含まれてるので妊娠中の女性にも優しいルテインサプリとなっております。

☑妊娠中の女性にビタミンA過剰摂取が危険な理由

妊娠中の女性がビタミンAに気をつけた方が良い理由は、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるからです。

妊婦がビタミンAを過剰摂取してしまうと、お腹の中の赤ちゃんが奇形になってしまう可能性があります。

これは脂溶性ビタミンであるビタミンAが、過剰摂取すると体外へ排出されずにそのまま体内に蓄積されてしまうことも関係しています。

特に、ビタミンAが豊富に含まれてるレバーは、妊娠中の女性は食べ過ぎないように注意する必要があります。

めなりサプリにはビタミンAが含まれてないので、妊娠中の女性でも心配せずに摂取できますよ。

☑βカロテンであれば妊婦が過剰摂取してもビタミンA過剰症の心配なし

ビタミンAは皮膚や粘膜の維持効果があるので、目のサポート成分として必須です。

めなりサプリにはビタミンAが含まれていないので、目への効果に不安がある人もいるのではないでしょうか?

しかし、めなりサプリにはβカロテンが栄養機能食品の基準値をクリアするぐらい配合されているので安心してください。

βカロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。

ですのでβカロテンを過剰摂取しても、ビタミンAの過剰症の心配はいらないのです。

ですので妊娠中の女性はビタミンAの代わりにβカロテンを摂取すると良いでしょう。

めなりサプリには、ビタミンAの代わりにβカロテンが配合されてるので、妊娠中の女性でも安心して飲めますよ。

妊娠中でもめなりサプリが飲める理由2:副作用リスクのあるカフェインが含まれてない

妊娠中や授乳中の女性はカフェインを避けた方が良いです。

カフェインとは、コーヒーやお茶、チョコレートなどに含まれる物質です。

めなりサプリには、カフェインが含まれていないので妊娠中や授乳中の女性に優しいルテインサプリといえます。

☑妊娠中の女性はカフェインを控えた方が良い理由

妊娠中の女性がカフェインを控えた方が良い理由は、カフェインに血管収縮作用があるからです。

妊娠中の女性がカフェインを摂取すると、血管が収縮によるお腹の張りで流産リスクが上昇します。

特に、胎盤が形成される妊娠初期は胎児へ影響を受けやすい時期で流産のリスクが高まるので注意しましょう。

妊娠初期を過ぎても、カフェインによってお腹の中の赤ちゃんの発育に悪影響を与える可能性があります。

このように、妊娠中の女性はカフェインを摂取しないように意識する必要があります。

めなりサプリには、カフェインが配合されていないので妊娠中の女性でも安心して飲むことができますよ。

☑授乳中のカフェイン摂取は母乳にも影響

出産を終えた授乳中の女性もカフェインは摂取しない方が良いです。

なぜなら、出産後の女性がカフェインを摂取してしまうと、母乳にカフェインが含まれてしまう可能性があるからです。

カフェインが含まれた母乳を赤ちゃんが飲んでしまうと、寝つきが悪くなり発育に悪影響を与えてしまいます。

このように、出産を終えてひと段落しても授乳をするのであれば、カフェインは避けた方が良いのです。

めなりサプリには、カフェインが含まれていないので授乳中でも安心して飲み続けることができますよ。

妊娠中でもめなりサプリが飲める理由3:副作用リスクのある水銀が含まれてない

めなりサプリが妊娠中でも飲める理由に、胎児に悪影響を与える可能性がある「水銀」が含まれていない点が挙げられます。

一部のルテインサプリやブルーベリーサプリには目のサポート成分としてDHA・EPAが配合されている場合があります。

魚から抽出されるDHA・EPAが原料となるサプリメントには水銀が含まれてる可能性があります。

めなりサプリには魚から抽出されるDHA・EPAが配合されていないので水銀の心配をする必要がありません。

☑水銀は妊娠中の胎児に悪影響を与える可能性あり

水銀は妊娠中の胎児に悪影響を与える可能性があります。

胎児に悪影響を与える具体例として、音を聞いた場合の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れる可能性が挙げられます。

これを重篤レベルかどうかは個人の考えにもよります。

なぜ、水銀が胎児に悪影響を与える可能性があるかというと、体内へ取り込まれた水銀は体外へ排出することができないからです。

お腹の中の赤ちゃんのことを考えるのであれば、できるだけ水銀を多量摂取しない方が良いでしょう。

めなりサプリであれば妊娠中の方が水銀の心配をすることなく飲むことができますよ。

Q:なぜ妊娠中にはお魚の食べ方に気をつける必要があるのですか。

A:お魚の中に含まれる水銀の量がある一定以上になった時におなかの中の赤ちゃんに影響を与える可能性が指摘されています。それはおなかの中の赤ちゃんは、お母さんの体の中から取り込んだ水銀を体の外に出すことができないからなのです。

厚生労働省より引用

☑DHA・EPA配合サプリは水銀が含まれてる可能性が高い

妊娠中の女性はDHAやEPA配合のルテインサプリやブルーベリーサプリには注意する必要があります。

なぜなら、DHA・EPAは魚から多く抽出される成分だからです。

魚の種類によっては、食物連鎖の関係で多くの水銀を含む魚もいます。

そのような魚から抽出されたDHA・EPAが原料のサプリメントは妊娠中の女性はなるべく控えた方が良いでしょう。

めなりサプリにはDHA・EPAが配合されていないので妊婦でも安心して飲めますよ。

[めなりサプリ/副作用]過剰摂取による安全性を解説!

めなりサプリの過剰摂取による副作用を解説する少女

めなりサプリを飲むことで発症する副作用には、便が黒くなったり、尿が黄色くなることなどが挙げられます。

めなりサプリは過剰摂取による過剰症リスクはほとんどありません。

実際にめなりサプリに配合されてる成分を一つ一つ見ても多少の過剰摂取では健康被害は起こりにくいです。

ですので、過剰摂取による副作用を気にせずに安心してめなりサプリを飲む事ができますよ。

しかし、どれも体に害を及ぼす危険がないものなので安心してください。

めなりサプリは摂取目安量を守れば過剰症による副作用ほぼなし

「めなりサプリは副作用ある?」

「飲みすぎたらどんな副作用がある?」

こんな風にめなりサプリの安全性について不安がある人も多いでしょう。

しかし、めなりサプリは摂取目安量を守って飲めば副作用はほとんど発症しないので安心してください。

実際に、さくらの森公式でも、過剰摂取しなければめなりサプリは過剰症を起こすことはほとんどないと記載されています。

また、めなりサプリの主成分であるルテインとビルベリーエキスに関しては、1日当たりの摂取上限値が決められていないので安心ですね。

Q:たくさん飲んだら過剰摂取にならない?

A:摂取目安量を守っていれば、過剰症を起こすことはほとんどありませんが、一日6粒を上限としてお飲みいただくことをおすすめしております。
βカロテンの上限は3000μgとなっており、めなりの配合量では6粒が上限となります。
ルテインの推奨摂取量は1日で6mg以上といわれており、1日2mg/kgが上限値です。
成人70㎏の体重の方であれば、1日140mgが上限値となりますので問題ありません。
その他、ビルベリーエキスの上限値は特にきめられておりませんのでご安心くださいませ。


さくらの森公式より引用

めなりサプリ過剰摂取による副作用リスクを成分別に解説!

めなりサプリ過剰摂取による副作用リスクを成分別に見た結果、どの成分も多少の過剰摂取では過剰症になりにくいという事が分かりました。

特に、余分な成分は吸収されずに尿として排出される水溶性ビタミンは、めなりサプリに多く配合されているので安全性が高いですよ。

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分1:アントシアニン

めなりサプリに含まれるアントシアニンの過剰摂取による副作用は報告されていません。

実際に、臨床試験としてアントシアニンの過剰摂取試験を行った実験があります。

実験では被験者にビルベリー由来のアントシアニンを1日833mg4週間連続で摂取させました。

しかし、アントシアニンが原因による副作用は認められませんでした。

ですので、めなりサプリを過剰摂取してもアントシアニンによって過剰症を起こすことはほぼないと考えられますね。

臨床試験として過剰摂取試験と長期摂取試験を行った。過剰摂取試験においてビルベリー由来アントシアニン833mg/日を4週間摂取した場合の安全性を確認し、長期摂取試験においてビルベリー由来アントシアニン166.6mg/日を12週間摂取した場合の安全性を確認した。臨床試験においても、ビルベリー由来アントシアニンに起因する有害事象の発現は認められなかった。

caaより引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分2:ルテイン

めなりサプリ過剰摂取によるルテイン過剰症の副作用はほとんど起こりません。

めなりサプリのメーカーである「さくらの森」公式HPでは下記のように記載されています。

「ルテインの推奨摂取量は1日で6mg以上といわれており、1日2mg/kgが上限値です。」

1日2mg/kgということは、60kgの成人男性だと1日120mgがルテイン摂取上限値ということになります。

めなりサプリに含まれるルテインは12mgです。

よって、めなりサプリを60kgの成人が1日10日分まで飲んでもルテインによる健康被害は考えにくいということになります。

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分3:ゼアキサンチン

結論、ゼアキサンチン過剰摂取による副作用の報告を調査しましたが見当たりませんでした。

「ゼアキサンチン過剰摂取による副作用はあるか?」

こんな風に思ってる人のために、ゼアキサンチン過剰症による副作用の有無を調べました。

しかし、ゼアキサンチン過剰摂取による副作用の報告は調べても出てきませんでした。

これはゼアキサンチンの研究が進んでいないことが原因かもしれません。

なので念のため、めなりサプリ飲み過ぎによるゼアキサンチンの過剰摂取は控えることをおすすめします。

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分4:アスタキサンチン

めなりサプリに含まれるアスタキサンチンは過剰摂取しても副作用の心配はありません。

実際に、富士化学工業株式会社と白金エグゼクリニックとの共同研究があります。

この実験では、ヘマトコッカス藻抽出物の抽出物であるアスタキサンチン9mgを12週間摂取しても安全である事が報告されています。

めなりサプリに含まれるアスタキサンチンは1日1mgです。

めなりサプリを1日で9日分摂取しても、アスタキサンチンに関しては過剰摂取による副作用の問題はないと考えられます。

ヘマトコッカス藻抽出物(アスタキサンチン9mg含有)を12週間に渡り摂取しても安全性において問題ないと考えられた。

J-STAGEより引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分5:クロセチン

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分6:βカロテン

めなりサプリに含まれるβカロテンは、栄養機能食品の基準内で配合されています。

めなりサプリを飲みすぎてβカロテンの過剰症を心配する人もいるでしょう。

しかし、βカロテンを過剰摂取してもビタミンA過剰症による健康被害は引き起こすことはほぼないので安心してください。

なぜなら、βカロテンはビタミンAの供給源として働きますが、体内で必要な分しかビタミンAに変換されないからです。

実際に、米国医学研究所ではβカロテンなどのカロテノイドに上限量は設定されていません。

また、βカロテンを過剰摂取すると副作用として皮膚が黄色くなる場合がありますが、健康に害はありません。

β-カロテン等カロテノイドは、体内で過剰となるとビタミンAへの変換が減少するので、特定の健康障害を引き起こすことはなく、一般的に安全と考えられています。β-カロテンの過剰摂取により皮膚が黄色になりますが、これは健康に有害ではありません。このため、米国医学研究所(IOM)は、カロテノイドの上限量は設定していません。

食品安全委員会より引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分7:ビタミンB1

めなりサプリに配合されているビタミンB1は過剰摂取による副作用の報告はされていません。

なぜなら、ビタミンB1は余分な成分は吸収されずに尿へ排出されるからです。

実際に厚生労働省でもビタミンB1には耐容上限量が設定されていません。

ですので、めなりサプリを多少過剰摂取してもビタミンB1による過剰症は考えにくいです。

ビタミンB1は、過剰に摂取しても余分なものは尿中に排泄され、比較的蓄積しにくいために、耐容上限量が設定されていません。

健康長寿ネットより引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分8:ビタミンB2

めなりサプリに含まれるビタミンB2を過剰摂取しても副作用リスクはほとんどありません。

ビタミンB2を摂取する事で尿が黄色く変色する場合がありますが、健康被害に問題はないので安心してください。

ビタミンB2の過剰摂取しても健康被害リスクはほぼなし

めなりサプリに含まれるビタミンB2も水溶性ビタミンとなっております。

つまりビタミンB2は過剰摂取しても余分な成分は吸収されずに尿として排出されるのです。

実際にビタミンB2の過剰摂取による研究でも過剰症による健康被害はなかったと報告されています。

そのため厚生労働省でもビタミンB2での耐容上限量は設定されていません。

このようにめなりサプリに含まれる水溶性ビタミンB2は過剰症による健康被害は考えにくいのです。

水溶性ビタミンであるビタミンB2は、余剰分が尿中に排泄され体内に蓄積しにくいことから、多量摂取による過剰障害は起こり難いと考えられています。実際に過剰投与を行った研究でも、健康被害は報告されなかったことから、耐容上限量は設定されていません

健康長寿ネットより引用

ビタミンB2を摂取すると尿が黄色くなる

めなりサプリを飲むと尿が黄色くなることがあります。

しかし、体には何の問題もないので安心してください。

めなりサプリで尿が黄色くなる理由は、ビタミンB2にあります。

ビタミンB2は水溶性ビタミンなので、体内に蓄積できず、吸収されなかったビタミンB2は尿として排出されるのです。

尿の黄色はビタミンB2によるものなので体調には何の問題もありません。

ビタミンB2を強化した栄養ドリンクや栄養補助食品をとった後、尿が濃い黄色になることがありますが、これはビタミンB2の色によるものです。

グリコより引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分9:ビタミンB6

めなりサプリに含まれるビタミンB6は、食物から摂取しても過剰摂取することはほとんどありません。

ただしサプリメントから高容量のビタミンB6を摂取すると、神経障害を引き起こす可能性があります。

ビタミンB6の他の過剰症には、胸焼けや皮膚病変、光線過敏症が挙げられます。

成人のビタミンB6の安全な上限値は1日100mgとなっております。

めなりサプリのビタミンB6配合量は1.6mgとなっております。

めなりサプリを過剰摂取しても、現実的に考えてビタミンB6による過剰症は起こらないでしょう。

ライフステージ 安全な上限値
生後12ヶ月 設定数値なし
小児1-3歳 30mg
小児4-8歳 40mg
小児9-13歳 60mg
10歳代14-18歳 80mg
成人 100mg

食物からビタミンB6を取り過ぎることはほとんどありません。しかし、高用量のビタミンB6を1年以上にわたってサプリメントから摂取すると、重度の神経障害を引き起こし、動作の制御を失うことがあります。

統合医療情報発信サイトより引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分10:ビタミンB12

めなりサプリ過剰摂取によるビタミンB12過剰症は現実的にほとんど考えられません。

ビタミンB12は過剰摂取で有毒になる可能性が低いので、厚生労働省で耐容上限量が設定されていないのです。

また、実際の介入実験でもビタミンB12を1.0mgを5年間投与しても有害事象は起こりませんでした。

めなりサプリに含まれるビタミンB12は0.0024mgとなっております。

ですのでめなりサプリを1日の摂取目安量以上に過剰摂取してもビタミンB12による過剰症が起こることはほとんどありません。

NORVIT試験およびHOPE試験において、ビタミンB12補充療法(葉酸とビタミンB6との併用)で0.4 mgを40カ月間(NORVIT試験)、1.0 mgを5年間(HOPEの2試験)投与した場合、重篤な有害事象は一切起こらなかった

統合医療情報発信サイトより引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分11:ビタミンC

ビタミンCを過剰摂取することによって引き起こされる副作用には、下痢や悪心などの胃腸障害が挙げられます。

これはビタミンCが水溶性であるという特徴が原因です。

ビタミンCは水溶性であるため、余分な成分は未吸収のまま体外へ排出されます。

めなりサプリに含まれるビタミンCを過剰摂取した場合、未吸収のビタミンCは浸透圧によって胃腸障害を起こす可能性があるのです。

しかし、成人のビタミンCの教養上限量は2000mgとなっております。

めなりサプリ1日分に含まれるビタミンCは2mgなので、めなりサプリ過剰摂取によってビタミンCの過剰症が発生する可能性はほとんどないと考えてよいでしょう。

ビタミンCの毒性は低く、高用量を摂取しても重篤な副作用は生じないと考えられる。最も多く訴えられる症状は、消化管内における未吸収のビタミンCの浸透圧に起因する下痢、悪心、腹部仙痛およびその他の胃腸障害である

統合医療情報発信サイトより引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分12:ビタミンE

サプリメントなどによる高容量なビタミンEを摂取すると出血性脳卒中リスクが高まる副作用が挙げられます。

しかし、めなりサプリを過剰摂取する事でビタミンEによる過剰症リスクが発症することはほとんどありません。

なぜなら、成人のビタミンEの許容上限摂取量は1000mgとなっているからです。

めなりサプリに含まれるビタミンEの配合量は分かりませんが、一番配合量の多いビルベリーエキスが170mgとなっております。

つまり、めなりサプリに配合されているビタミンEの配合量は170mgより少ない事が分かります。

成人のビタミンEの許容上限摂取量が1000mgである事を考えると、めなりサプリを頑張ってたくさん摂取してもビタミンEの許容上限摂取量を越すことは難しい事が分かりますね。

このようにめなりサプリを過剰摂取する事でビタミンEによる健康被害を受けることはほとんどないと考えられるのです。

2件の臨床試験で、α‐トコフェロールを摂取した被験者に出血性脳卒中リスクの増加がみられた(このうち臨床試験1件ではフィンランド人男性喫煙者が50 mg/日を平均6年間摂取し[51]、もう1件では米国の多数の男性医師が400 IUを8年間隔日摂取)。後者の試験に被験者として参加した医師の大多数がアスピリンも摂取しており、それゆえ、出血性脳卒中リスクの増加という結果は、ビタミンEに出血を起こさせる傾向があることを暗示している可能性がある。

統合医療情報発信サイトより引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分13:鉄

「めなりサプリを飲んでから便が黒くなった。」

こんな風に不安になる人もいるでしょう。

実は、めなりサプリを飲むと便が黒くなる可能性があるのです。

めなりサプリに配合されている鉄分が、体内で吸収されないと便として排出されるのです。

これがめなりサプリを飲むと便が黒くなる原因です。

体調には全く問題ないので安心してください。

ただし、便が黒くなる原因には、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などにによる消化管の出血の場合もあります。

不安な方は、病院で診査してもらうとよいでしょう。

便が黒くなるのは吸収されなかった鉄が排出されるためで心配ありません。

日本臓器製薬より引用

☑めなりサプリ過剰摂取による副作用成分14:亜鉛

めなりサプリを過剰摂取する事で亜鉛による過剰症はほとんど発生しません。

めなりサプリには亜鉛酵母が配合されています。

亜鉛酵母とは、酵母培養で生成された有機亜鉛のことです。

つまり、めなりサプリにも亜鉛が配合されているということになります。

亜鉛の過剰摂取による過剰症は、下痢や腹部痙攣、頭痛、食欲不振、嘔吐などが挙げられます。

めなりサプリに含まれる亜鉛の配合量は記載されていませんが、めなりサプリは亜鉛で栄養機能食品の基準値内2.1mg-15mgを満たしていません。

亜鉛の配合量は15mgより多いということは考えにくいので、めなりサプリに含まれる亜鉛の配合量は2.1mg以下であると考えられます。

亜鉛の上限摂取量(UL)は成人だと1日40mgなので、めなりサプリを過剰摂取しても亜鉛による副作用が起こることはほとんど考えられないでしょう。

米国科学アカデミー医学研究所の食品栄養委員会は、亜鉛の上限摂取量(UL)を定めている。UL値を越える長期摂取は、健康に悪影響を与えるリスクを増加させる。

年齢 男性 女性 妊婦 授乳婦
生後0~6(ヶ月) 4mg 4mg
7~12(ヶ月) 5mg 5mg
1~3(歳) 7mg 7mg
4~8(歳) 12mg 12mg
9~13(歳) 23mg 23mg
14~18(歳) 34mg 34mg 34mg 34mg
19(歳)以上 40mg 40mg 40mg 40mg


統合医療情報発信サイトより引用

[めなりサプリ/副作用]薬との飲み合わせ

めなりサプリを薬と飲み合わせる少女

めなりサプリは基本的に薬と飲み合わせしても問題ありませんが例外もあります。

一部の薬を服用中の人はめなりサプリと飲み合わせすることで思わぬ副作用を発症する可能性があるので注意が必要です。

めなりサプリは薬と飲み合わせしても問題なしと記載

めなりサプリは基本的に薬と飲み合わせても問題ありません。

なぜなら、めなりサプリは医薬品ではなく健康食品、食品扱いだからです。

実際に、めなりサプリのメーカーであるさくらの森でも、基本的にお薬と併用しても問題ないと記載されています。

もし、お薬を服用中で不安な方は、事前に薬剤師や医師に相談することをおすすめします。

Q:薬と一緒に飲んでもいいですか?

A:めなりは栄養機能食品ですので、基本的にはお薬と併用しても問題ありませんが、お薬を服用中の方はあらかじめかかりつけの医師または薬剤師にご相談されることをおすすめします。1日の摂取目安量と耐用上限量を目安にお飲みください。

さくらの森公式より引用

めなりサプリと脂質異常症治療薬の飲み合わせによる副作用

脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が多すぎて発症する病気です。

そのまま放置すると、動脈硬化が進んでしまうので脂質異常症治療薬を服用する必要があります。

脂質異常症治療薬を服用してる人は、めなりサプリとの相性が悪いので飲み合わせには注意する必要があります。

☑コレスチラミンはめなりサプリ配合βカロテンの吸収を妨げる

脂質異常症治療薬にはスタチン系やコレスチラミン系、プロブコール系といった種類があります。

その中でコレスチラミン系の脂質異常症治療薬は、めなりサプリと飲み合わせると、めなりサプリの効果を半減させてしまう可能性があります。

なぜなら、脂質異常症治療薬に含まれるコレスチラミンは、βカロテンの吸収を妨げてしまう効果があるからです。

めなりサプリには、βカロテンが栄養機能食品の基準を満たす量が配合されています。

ですので、脂質異常症治療薬とめなりサプリを飲み合わせても、効果の実感ができない可能性があります。

脂質異常症(高脂血症)の治療薬の一種です。コレスチラミンによりβ-カロテンの吸収が阻害されるため、β-カロテンの血中濃度が低下することが報告されています。(一般的に併用は可能)

食品・サプリメントの効果と相互作用より引用

☑めなりサプリ配合βカロテンはシンバスタチンの効果を半減させる

スタチン系の脂質異常症治療薬には、シンバスタチンが使用されています。

めなりサプリに含まれるβカロテンはシンバスタチンの効果が半減させる可能性があると報告されています。

ですので、少なくともスタチン系とコレスチラミン系の脂質異常症治療薬は、めなりサプリと相性が悪いことがわかります。

 リポバスなどのシンバスタチン製剤の添付文章には記載がないものの、シンバスタチンとナイアシンの併用療法にβ‐カロテンなどの抗酸化剤を追加投与することで、シンバスタチンの効果が減弱したという報告があります。

食品・サプリメントの効果と相互作用より引用

☑コレスチラミンはめなりサプリ配合脂溶性ビタミンの吸収を妨げる

コレスチラミン系の脂質異常症治療薬にはコレスチラミンが配合されています。

このコレスチラミンは脂溶性ビタミンの吸収を低下させる場合があります。

脂溶性ビタミンには、ビタミンAやビタミンD、ビタミンE、ビタミンKが挙げられます。

この中でめなりサプリはビタミンEが配合されています。

ですので、コレスチラミン系の脂質異常症治療薬とめなりサプリを飲み合わせした場合、めなりサプリに配合されてるビタミンEの吸収が上手くいかない可能性があります。

本剤を投与する際には以下のことに注意するようにしましょう。

・脂溶性のビタミン、葉酸の欠乏症状は現れていないか。
(本剤服用により脂溶性ビタミン、葉酸の吸収が低下することがある。)


yakugaku labより引用

めなりサプリと痛風治療薬の飲み合わせによる副作用

痛風とは、尿酸が関節内で結晶となって固まってしまう病気で関節炎などを発症します。

痛風を改善するには、尿酸を低下させる痛風治療薬が必要となります。

しかし、この痛風治療薬はめなりサプリと相性が悪く、飲み合わせには注意する必要があります。

☑コルヒチンはめなりサプリ配合βカロテンの吸収を阻害

痛風治療薬にはコルヒチンが含まれています。

このコルヒチンはめなりサプリに含まれるβカロテンの吸収を阻害する可能性があります。

痛風治療薬とめなりサプリを飲み合わせている人は、思うように効果を実感できない恐れがあります。

コレスチラミン(イオン交換樹脂製剤)、コルヒチン(痛風治療薬)などの薬剤を服用していると、β‐カロテンの吸収が阻害されるとの報告があります。

SICより引用

☑コルヒチンはめなりサプリ配合ビタミンB12の吸収を阻害

痛風治療薬配合のコルヒチンはビタミンB12の吸収を阻害します。

めなりサプリには、ビタミンB12が配合されています。

つまり、痛風治療薬とめなりサプリと飲み合わせると、めなりサプリの有効成分が十分に吸収されずに効果が実感できない可能性があります。

・コルヒチン
粘膜傷害と絨毛委縮のため、脂肪、キシロース、窒素、ビタミン B12、ビタミンAの吸収を阻害

J-STAGEより引用

めなりサプリと血液凝固剤の飲み合わせによる副作用

血液凝固剤とめなりサプリの飲み合わせは相性が悪いです。

なぜなら、めなりサプリに含まれる有効成分が血液凝固剤と相反する作用を持ってるからです。

☑血液凝固剤とめなりサプリ配合のビタミンEの血流促進作用

めなりサプリに含まれるビタミンEが血液凝固作用を妨げる可能性があります。

なぜなら、ビタミンEは血液促進効果があるからです。

実際に、動物での実験ではビタミンE(α‐トコフェロール)サプリの摂取によって、体内に出血が生じ、血液凝固が妨げられたと報告されています。

ただし、この実験では高用量のビタミンEサプリを摂取させていました。

めなりサプリに含まれる程度のビタミンEは高用量ではないので、血液凝固作用を妨げる可能性は低いと考えられます。

めなりサプリを過剰摂取しなければ、問題ないでしょう。

動物の場合、高用量のα‐トコフェロールサプリメントの摂取により体内に出血が生じ、血液凝固が妨げられることがあり、また、in vitroデータから、高用量摂取が血小板凝集能を阻害することが示唆されている。

統合医療情報発信サイトより引用

☑血液凝固剤とめなりサプリ配合アントシアニンの血流促進作用

めなりサプリに含まれるアントシアニンには、血液をサラサラにして血小板の凝固を抑制する作用があります。

これは一般的に良い効果だと捉えられがちですが、血液凝固剤を使用してる人にとっては逆効果です。

なぜなら、血が固まらなくて困ってる人が血液凝固剤を使用するのに、アントシアニンで血液の凝固作用を抑制したら意味がないからです。

この場合だと、血液凝固剤の効果が上手く作用せずに、出血が止まらない可能性があります。

ですので、血液凝固剤とめなりサプリは飲み合わせしないことをおすすめします。

アントシアニンには、ビタミンPに似た働きがある事が分かっています。ビタミンPは、ビタミンに似た働きのビタミン様物質で、フラボノイドとも呼ばれています。
体内組織に栄養や酸素を送る毛細血管には、適度な透過性が保たれている必要があります。ビタミンP(フラボノイド)は、毛細血管の透過性が良くなり過ぎるのを抑える効果が知られています。またビタミンP(フラボノイド)は、血小板の凝固を抑制し、血液をさらさらにするので、アントシアニン(ブルーベリー)にも血管の保護・強化、循環機能の改善が期待できます。

ぐりーんユアサより引用

めなりサプリと糖尿病治療薬の飲み合わせによる副作用

糖尿病治療薬を服用中の患者がめなりサプリを飲むことには注意が必要です。

糖尿病患者はめなりサプリを飲む前に必ず医師と相談しましょう。

☑1型糖尿病患者が亜鉛を摂取するとHbA1c値が上昇する

めなりサプリに含まれる亜鉛は、1型糖尿病患者のHbA1c値を上げる可能性があります。

HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)値とは、赤血球の中にあるヘモグロビンのうち、どのぐらいの割合で糖と結びついてるかを示した値です。

基本的に、血糖値が高い人ほどHbA1c値が高く、血糖値が低いとHbA1c値も下がります。

HbA1c値が異常に高くなると、糖尿病の合併症として手足の痺れや視力低下、心筋梗塞、脳梗塞などの症状を引き起こし、最悪の場合は死に至ります。

糖尿病患者は、めなりサプリの購入を検討する前に糖尿病専門医に相談することをおすすめします。

☑1型糖尿病患者が亜鉛を摂取すると血中HDL値が低下する

1型糖尿病患者がめなりサプリに含まれる亜鉛を摂取すると血中HDL値が低下する可能性があります。

HDL-コレステロールとは、血中にある余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役割があります。

血液中にコレステロールが流れ込んだ際にタンパク質とコレステロールが結合してリポタンパク質ができます。

このリポタンパク質には様々な種類があるのですが、代表的なのは善玉コレステロールである「HDL」と悪玉コレステロールである「LDL」が挙げられます。

悪玉コレステロールは、増えすぎると動脈硬化を引き起こします。

この悪玉コレステロールを回収する働きが善玉コレステロールにあります。

1型糖尿病患者がめなりサプリの亜鉛を摂取すると、善玉コレステロールの量が低下する可能性があるので注意が必要です。

医薬品との相互作用は多く知られており、1型糖尿病の患者ではHbA1c値が高くなる可能性と、血中HDL(高比重リポ蛋白)値が低くなる可能性が指摘されている。

糖尿病ネットワークより引用

めなりサプリと抗パーキンソン病治療薬の飲み合わせによる副作用

抗パーキンソン病治療薬であるレボドパは、めなりサプリに含まれるビタミンB6と相性が悪く、飲み合わせには注意が必要です。

具体的には、ビタミンB6が脱炭酸酵素活性を高めることによって、レボドパの代謝が促進されます。

レボドパの代謝が促進されると脳内へ移行するレボドパの量が減少してしまい、抗パーキンソン病治療薬の効力が半減する可能性があるのです。

このようなリスクを避けるために、カルビドパを配合した薬が用いられる場合があります。

カルビドパは脱炭酸酵素阻害薬とも呼ばれており、ビタミンB6による脱炭酸酵素活性を阻害してくれます。

めなりサプリ配合ビタミンB6と飲み合わせると相性が悪い薬

メディマグ糖尿病より引用

めなりサプリと抗てんかん薬の飲み合わせによる副作用

抗てんかん薬とは、大脳の神経細胞によって発症するてんかん発作を抑制する薬です。

この抗てんかん薬は、めなりサプリに含まれるビタミンB6と相性が悪いです。

高ホモシステイン血症などの副作用を引き起こす可能性があるので飲み合わせには要注意です。

高ホモシステイン血症とは、血漿中のホモシステイン濃度が高くなることが原因で発症する病気で、動脈硬化や血栓症を引き起こす可能性があります。

抗てんかん薬患者が高ホモシステイン血症になると、発作のコントロールが難しくなる上に血管障害リスクが高まります。

ですので、抗てんかん薬患者はめなりサプリを飲む前に専門医と事前に相談することをおすすめします。

一部の抗てんかん薬(バルプロ酸(Depakene ®、Stavzor®)、カルバマゼピン(Carbatrol®、Epitol®、Tegretol ®など)、フェニトイン(Dilantin®)などは、ビタミンB6ビタマーの異化代謝の割合を増大させるため、低血漿PLP濃度と高ホモシステイン血症を引き起こす

統合医療情報発信サイトより引用

めなりサプリと卵胞ホルモン薬の飲み合わせによる副作用

卵胞ホルモン薬には女性ホルモンであるエストロゲンが配合されています。

このエストロゲンは、めなりサプリに含まれるビタミンCと飲み合わせすることで不正出血などの副作用を引き起こす可能性があります。

ビタミンCにはエストロゲンの分解を抑制して血中のエストロゲン濃度を高める効果があります。

エストロゲンが過剰になると、エストロゲン過剰症となり様々な健康被害を引き起こしてしまいます。

卵胞ホルモン薬を服用してる女性は、めなりサプリとの飲み合わせを検討する前に医師と相談しましょう。

めなりサプリ配合ビタミンCと飲み合わせると相性が悪い薬

メディマグ糖尿病より引用

めなりサプリと利尿薬の飲み合わせによる副作用

利尿薬であるアセタゾラミドには、尿pHやリン排泄、尿中カルシウムを増加させることによって腎結石を生成する可能性があります。

また、めなりサプリと利尿薬(アセタゾラミド)の飲み合わせには注意が必要です。

なぜなら、大量のビタミンC摂取によって尿路結石ができる可能性があるからです。

めなりサプリにもビタミンCが配合されています。

ですので、利尿薬を服用中の患者はめなりサプリと飲み合わせを考えてるならば、専門医と事前に相談することをおすすめします。

大量のビタミンCとの併用により腎・尿路結石が起こる可能性がある。

愛知県薬剤師会より引用

めなりサプリとワルファリンの飲み合わせによる副作用

抗凝血剤であるワルファリンはめなりサプリと飲み合わせると出血リスクが高まるので注意が必要です。

なぜなら、めなりサプリに含まれるビタミンEには、血小板凝集を阻害して血行を促進する効果があるからです。

抗凝血剤にも血液の凝固因子を抑制して血液をサラサラにする効果があります。

ワルファリンをビタミンEと併用すると血が固まらなくなる可能性があります。

ビタミンEをどのくらいの量摂取したら抗凝血剤と飲み合わせによる出血リスクが高まるかは明らかにはなってませんが注意が必要です。

ビタミンEは血小板凝集を阻害し、ビタミンK依存的凝固因子と拮抗しうる。その結果、高用量のビタミンEをワーファリン(Coumadin®)など抗凝血剤や抗血小板薬と併用すると出血リスクが高まる可能性がある。

統合医療情報発信サイトより引用

めなりサプリとミノサイクリンの飲み合わせによる副作用

ミノサイクリンには抗生物質が含まれており、ニキビに悩む人によく使われる薬です。

このミノサイクリンはめなりサプリと飲み合わせると効果が半減する可能性があるので注意する必要があります。

なぜなら、めなりサプリに含まれる亜鉛や銅などのミネラルがミノサイクリンに含まれる成分の吸収を阻害してしまうからです。

しかし、必ずしも飲み合わせてはいけないという訳ではありません。

めなりサプリを摂取してから2時間以上経過してからミノサイクリンを飲むよう時間をあければ良いと言われています。

詳しくは薬剤師に確認してみると良いでしょう。

ミノサイクリンを飲むときに気をつけるべき薬剤・食品があります。
アルミニウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルを含む薬剤や食品をとった直後にミノサイクリンを飲むと吸収が悪くなるので注意が必要です。

MEDLEYより引用

めなりサプリと降圧薬の飲み合わせによる副作用

めなりサプリと降圧薬であるメチルドパの飲み合わせは薬の効力を弱める相互作用があるのでやめましょう。

降圧薬とは、血圧を下げるための薬です。

血圧上昇による脳卒中や心筋梗塞を起こさないようにすることが目的で服用されるお薬です。

この降圧薬であるメチルドパは、めなりサプリに含まれる鉄と飲み合わせると相互作用で薬の効果を弱めてしまいます。

その理由は、降圧薬が鉄によって消化管への吸収が阻害されてしまうからです。

ですので降圧薬を服用してる患者は鉄が含まれるめなりサプリと飲み合わせることを控えることをおすすめします。

本剤の消化管からの吸収が阻害されることがある。

KEGGより引用

めなりサプリと下痢止めの飲み合わせによる副作用

めなりサプリは下痢止めである「タンニン酸アルブミン」との飲み合わせに注意する必要があります。

飲み合わせに注意すべき理由は、めなりサプリに含まれる鉄が関係しています。

下痢止めである「タンニン酸アルブミン」は鉄と併用すると、体内でタンニン鉄となります。

タンニン鉄となると体内への吸収が阻害され、収れん作用が弱まってしまいます。

このようにめなりサプリに含まれる鉄と下痢止めを併用すると、下痢止めの薬の効力を弱める可能性があるので飲み合わせしないようにしましょう。

(相互作用)
1.併用禁忌:経口鉄剤[併用により相互に作用が減弱することがあるので、併用しない(鉄と結合しタンニン酸鉄となり、タンニン酸による収れん作用が減弱することが考えられる)]。

日経メディカルより引用

めなりサプリと骨粗鬆症薬の飲み合わせによる副作用

めなりサプリはビスホスホネート系製剤である骨粗鬆症薬と飲み合わせると薬の効力を半減させる恐れがあります。

理由はめなりサプリに含まれる鉄酵母が関係しています。

鉄酵母には鉄が含まれていますが、この鉄はビスホスホネート系製剤と飲み合わせると体内で結合します。

結合するとキレート化合物という物質となり、腸への吸収が阻害されてしまいます。

骨粗鬆症薬が腸への吸収されにくくなるため、めなりサプリと飲み合わせると薬の効力が弱まってしまうのです。

ただし、めなりサプリと骨粗鬆症薬を飲み合わせしてはいけないということではないので安心してください。

もし、めなりサプリと骨粗鬆症薬を併用するのであれば、めなりサプリを服用してから30分ほど時間を置いてから骨粗鬆症薬を飲むと良いでしょう。

ビスホスホネート系製剤と結合してキレート化合物を作り腸管よりの吸収を阻害する。

愛知県薬剤師会より引用

めなりサプリとテトラサイクリン系抗生物質の飲み合わせによる副作用

テトラサイクリン系抗生物質とは、細菌増殖を抑制することを目的に作られた薬でニキビ治療などに用いられます。

細菌が生命維持する上ではタンパク質は欠かせません。

細菌がタンパク質と合成することを阻害する役割がテトラサイクリン系抗生物質にはあり、これによって細菌の増殖を抑えられます。

このテトラサイクリン系抗生物質はめなりサプリと飲み合わせると薬の効力を弱めてしまいます。

理由は、めなりサプリ原材料の鉄酵母に含まれる「鉄」が関係しています。

鉄とテトラサイクリン系抗生物質を同時摂取すると、鉄が薬の吸収を阻害して抗菌作用が弱まる可能性があります。

めなりサプリとテトラサイクリン系抗生物質を飲み合わせる際には、2時間ほどの時間をあけるようにしましょう。

金属イオンとキレー卜を形成し、吸収が阻害され、抗菌剤の効果が減弱するおそれがある。
抗菌剤を服用後、2時間以上間隔をあけてカルシウム等を含有する製剤等を服用する等注意する。

愛知県薬剤師会より引用

めなりサプリとニューキノロン系抗菌剤の飲み合わせによる副作用

ニューキノロン系抗菌剤とは、殺菌を目的に作られた薬のことで、感染症の治療薬として幅広く使用されています。

細菌が増殖するにはタンパク質が必要ですが、そのためには遺伝子情報であるDNAが必要です。

DNAの複製には酵素の働きが必要なのですが、ニューキノロン系抗菌剤には酵素の働きを阻害して細菌の増殖を抑制する効果があります。

このニューキノロン系抗菌剤は、めなりサプリと一緒に飲み合わせすると薬の効力を弱めてしまう可能性があります。

その理由は、めなりサプリに含まれる鉄がキレー卜を形成してニューキノロン系抗菌剤の吸収を阻害してしまうからです。

ですので、めなりサプリとニューキノロン系抗菌剤を飲み合わせするのであれば、2時間以上間隔をあけて飲むように意識しましょう。

金属イオンとキレー卜を形成し、吸収が阻害され、抗菌剤の効果が減弱するおそれがある。
抗菌剤を服用後、2時間以上間隔をあけてカルシウム等を含有する製剤等を服用する等注意する。

愛知県薬剤師会より引用

[めなりサプリ/副作用]添加物

めなりの添加物を気にする少女

めなりサプリには添加物が入っておりますが、副作用の心配をする必要はありません。

なぜなら、めなりサプリで使われる添加物は安全性が高いからです。

添加物はある?めなりサプリの原材料成分一覧

原材料:ビルベリーエキス、食用油脂、酵母(亜鉛含有)、酵母(銅含有)、カシスエキス、ゼラチン、植物レシチン、グリセリン、マリーゴールド色素、ビタミンE、ヘマトコッカス藻色素、ミツロウ、βカロテン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、クチナシ色素、ビタミンb12

めなりサプリに含まれる添加物を調べるために原材料成分を調べてみました。

その結果、めなりサプリに含まれる添加物には「食用油脂」「グリセリン」「ミツロウ」が挙げられました。

「めなりサプリには添加物が含まれてるのか。」

こんな風に添加物に対して不安に思う人もいるでしょう。

しかし、無添加のサプリメントだからと言って安全であるとは限りません。

また、添加物と謳える成分は厚生労働省が認めた成分だけです。

ですので、基本的に添加物は適切な量を摂取すれば問題ないことを理解していただければと思います。

めなりサプリ以外の無添加ルテインサプリが安全とは限らない

「添加物が入っているサプリは危ないのでは?」

「不安だから無添加のサプリを選びたい。」

このように、多くの人は無意識的に「無添加=安全」「添加物=危険」であることが頭に浮かぶのではないでしょうか?

めなりサプリにも、グリセリンやミツロウといった添加物が含まれるので不安になってしまいますよね。

しかし、「添加物=危険」という認識は間違いです。

これは、テレビや新聞などのマスコミが誇大広告で「添加物=危険」を謳い、消費者の不安を煽るのが主な原因でしょう。

添加物と名乗ることができるのは、厚生労働省の基準審査を通過したものだけです。

そもそも、厚生労働省が認めない危険なものは添加物とは認めないのです。

添加物が毒となるのは、過剰摂取した場合のみです。

ですので、添加物が含まれるめなりサプリも過剰摂取しなければ問題なく飲めるので安心してください。

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。
厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています。
また、使用が認められた食品添加物についても、国民一人当たりの摂取量を調査するなど、安全の確保に努めています。

厚生労働省より引用

めなりサプリの安全な添加物でも過剰摂取すると副作用を発症する

めなりサプリを安全に飲むには、めなりサプリに含まれる添加物の摂取量に注意する必要があります。

基本的に、めなりサプリは一日の摂取目安量を守れば安全に飲めます。

しかし、過剰摂取してしまうとめなりサプリに含まれる添加物も過剰摂取することになってしまい、思わぬ副作用を発症する可能性があります。

添加物を安全に摂取できる量の基準としては「無毒性量」と「一日摂取許容量(ADI)」が挙げられます。

「無毒性量」とは、ラットやマウスなどの実験結果をもとに決めた害の無い量のことです。

そして、無毒性量を100分の1にしたものが「一日摂取許容量(ADI)」であり、人間が安全に添加物を摂取できる量の基準となります。

つまり、「一日摂取許容量(ADI)」を守れば、添加物の過剰摂取は防げるのです。

当然、めなりサプリも一日の摂取量目安を守れば「一日摂取許容量(ADI)」を超えないようになっているので安心してください。

めなりサプリに配合された添加物の安全性と副作用を解説!

めなりサプリに配合されてる添加物の安全性をそれぞれ解説していきます。

基本的にどの添加物も天然由来なので副作用が発症する危険性はほとんどありません。

☑安全性の高いめなりサプリ配合添加物1:食用油脂

食用油脂とは植物性油脂と動物性油脂の総称のことです。

食用油脂は日本農林規格(JAS)によって定められています。

日本農林規格(JAS)の基礎となる法律はJAS法と呼ばれ、日本の農林水産省によって所管されています。

つまり、食用油脂は国の定めた一定の基準を満たしてないと名乗ることはできないのです。

食用油脂が国が定めた基準を満たしてるということは、適切な使い方をしてれば安全であるという意味でもあります。

食用油脂、とありますがなんの油ですか?
食用とされる油脂の総称です。植物性・動物性油脂があります。食用油脂には日本農林規格(JAS) が定められています。


グリコより引用

☑安全性の高いめなりサプリ配合添加物2:グリセリン

めなりサプリに含まれるグリセリンはサプリのソフトカプセルとして使われています。

ゼラチンが使われているのもこのソフトカプセルのためでしょう。

ゼラチンで作られたカプセルに弾力性を持たせるためにグリセリンは使われます。

グリセリンの構成成分は脂質であり、脂質はサラダ油やてんぷら油のように人間にとっては必要なものとなっております。

ですので、めなりサプリにも使われてるグリセリンは安全性の高い添加物なのです。

グリセリンはサラダ油やてんぶら油など、3大栄養素の1つ「脂質」の構成成分として私たちにとってなくてはならない食品原料です。

ファーストセレクトより引用

☑安全性の高いめなりサプリ添加物3:ミツロウ

ミツロウとは、ミツバチの巣からとれる添加物となっており、めなりサプリのソフトカプセルを作る上で重要な役割を果たしています。

ソフトカプセルの中に粉末状の成分と油性の成分を混合させると、時間がたつにつれて分離してしまいます。

ミツロウを加えてソフトカプセルの中身をペースト状にすることで、粉末を均一化することができるのです。

このようにミツロウはソフトカプセルを作る上で必要な添加物なのです。

ミツロウの原材料もミツバチの巣と天然由来のものなので安全性の高い添加物となっております。

[めなりサプリ/副作用]アレルギー

めなりのアレルギーを解説

安全性の高いめなりサプリでもアレルギー体質の人は注意しましょう。

なぜなら、めなりサプリには、アレルギー体質の人が気を付ける成分も配合されているからです。

アレルギー体質がある人は、事前に成分の確認や、医師との相談をすることをおすすめします。

めなりサプリの原材料に含まれるアレルギー物質を確認!

原材料:ビルベリーエキス、食用油脂、酵母(亜鉛含有)、酵母(銅含有)、カシスエキス、ゼラチン、植物レシチン、グリセリン、マリーゴールド色素、ビタミンE、ヘマトコッカス藻色素、ミツロウ、βカロテン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、クチナシ色素、ビタミンb12

まずはめなりサプリに含まれる原材料を確認し、アレルギー成分の有無を確認しましょう。

特に、ビルベリーエキスに使われてるビルベリーや、ルテインに使われるマリーゴールド、アスタキサンチンの抽出に使われるヘマトコッカス藻には要注意です。

もし、アレルギー体質の方で、アレルギー成分が入ってるのを確認したら使用を控えることをおすすめします。

めなりサプリの原材料にアレルギー副作用のある方は控える

めなりサプリの原材料にアレルギーのある方は使用を控えましょう。

実際にめなりサプリメーカーである「さくらの森」公式HPでも「アレルギーのある方はお避けいただいております」と記載されています。

また、アレルギー以外でも体に合わないと感じた人は使用を控えましょう。

アレルギーに関する疑問点は「さくらの森」公式HPのお問い合わせフォームから質問可能です。

開封して使用してみましたが、身体に合わないようです。

商品に使用している原材料にアレルギーのある方はお避けいただいております。 また、体質に会わない方はお控えください。 身体に合わないことについてのご質問は、お気兼ねなくお問い合わせください。 現在、お申込いただいている定期便を中止される方は、なるべく早めのご連絡をお願いします。


さくらの森公式より引用

めなりサプリで副作用発症可能性のあるアレルギー

めなりサプリを飲むことで副作用発症の可能性があるアレルギーを紹介します。

アレルギー体質で、もし当てはまるアレルギーがあるのであれば使用を控えることをおすすめします。

☑めなりサプリのビルベリーによるブルーベリーアレルギーに注意

めなりサプリ配合のビルベリーエキスはブルーベリーアレルギー発症の可能性もあり

めなりサプリにはビルベリー由来のビルベリーエキスが配合されています。

このビルベリーによってブルーベリーアレルギーを発症する可能性があるので注意が必要です。

ブルーベリーアレルギーの症状には、口の中や喉、舌への痒みが挙げられます。

また、皮膚に蕁麻疹が発症したり、ごく稀に吐き気は腹痛などの副作用を発症する場合もあります。

症状としては花粉症に近いので、花粉症の人もブルーベリーアレルギーに注意する必要があります。

ブルーベリーアレルギーかどうかが分からない人は、めなりサプリを購入する前に一度病院でアレルギー検査を受診してみることをおすすめします。

☑めなりサプリのマリーゴールドによるキク科アレルギーに注意

マリーゴールドによるキク科アレルギー

めなりサプリに含まれるルテインはマリーゴールドから抽出されたものです。

マリーゴールドはキク科の植物なのでキク科のアレルギー体質の人は使用を控えましょう。

キク科のアレルギー体質の人がめなりサプリを飲むと、目や鼻に痒みを感じる場合があります。

また、口や喉にイガイガ感を感じ、症状発症は摂取したから15分以内と言われています。

もし、キク科のアレルギー体質の人がめなりサプリを摂取して、ひどいアレルギー症状が発症した場合は速やかに病院で診察を受けることをおすすめします。

☑めなりサプリのヘマトコッカス藻によるヨードアレルギーに注意

ヘマトコッカス藻から抽出されたアスタキサンチン

ヨードアレルギーとは、海藻や昆布に多く含まれるヨウ素の拒絶反応によって発症するアレルギーです。

めなりサプリ配合のアスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻と呼ばれる海藻から抽出された成分です。

ヨードアレルギーが発症すると、蕁麻疹で皮膚に痒みを感じたり、くしゃみ、顔面の腫れ、腹痛などの症状が見られます。

ですので、ヨードアレルギーの人はめなりサプリの摂取を控えましょう。

更新日:

Copyright© 【めなりサプリ口コミ】効果で選ぶルテインサプリメント , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.